敷地を見て建てる

良い土地が見つかった!けれど、その土地の環境を活かしきった設計にしなければ、せっかく見つけた良い土地でも良い暮らしにすることができません。逆に、ある程度制約のある土地でも、設計の工夫によってバツグンに心地よい住まいをつくることができます。餅は餅屋に、と言いますが、住宅の場合は、土地は土地屋に、建物は建物屋に、というよりも、土地と建物のつながりを考えられる人にお任せした方が、トータルで暮らしやすくなるものなのです。S様邸の大工工事もあと少しとなってきました。現場では和室の造作や階段、手摺などの細かな造作工事が行われています。写真は少し前のものですが、吹抜け部分の格子を作っているところです。ノミを使って、格子の柱と横格子との取り合い部分を掘り込んでいます。慎重に、かつ手際よい仕事にしばし見とれてしまいました。カメラを向けると逃げていってしまうのでこっそり今日頃はもうしっかりと設置されているはずです。営業グループの席替えが行われました!!私の今までの席は昼間は展示場が見える景色のよく見える位置でしたが、新営業所開設にあわせ、席替え・・・今日からはスタッフの動きが良く見える席に移動となりました。視界が変わると気分もリフレッシュしますね!!席替えと同様に机周りの整理を・・・大して変わりないですが、リフレッシュです☆☆名古屋で一軒家を建てる

家づくりの基本、土地探しのコツをご紹介します